D3.jsとは

      D3.jsとは はコメントを受け付けていません。

D3.js(Data-Driven Documents データ駆動型ドキュメント)は、 2011年からMichael Bostockによって開発が始められたwebブラウザで様々なグラフを描くことができるJavaScriptライブラリです。グラフを作成できるJavaScriptライブラリは様々なものがありますが、もっとも自由度の高いライブラリだと考えていいでしょう。引き換えに、他のライブラリに比べて若干難解な部分はあります。

D3.jsは、SVG(Scalable Vector Graphics)という、Adobe Illustratorなどで使われているベクター画像を表示する規格です。つまり、jpegやpngのようなビットマップデータと違い、拡大縮小しても画質が損なわれないという特徴を持っています。

D3.jsの2019年9月時点でのバージョンは、5.12.0です。

https://github.com/d3/d3/releases

論より証拠ということで、様々なサンプルを見てみましょう。

https://github.com/d3/d3/wiki/Gallery