Viewing Category » インタラクティブアート論
2 1月 2007

単純に和訳すれば、「参加者/鑑賞者との相互作用によって成立する芸術形態」だといえる。
しかし、近年の世界的な動向を見ると、インタラクティブアートの概念は非常に広がり、この言葉だけで様々な表現形態をくくることはできなくなりつつある。
特に、インタラクションという言葉は非常に多義的に捉えられ、ただ参加者が操作すれば反応が起こるといった単純なインタラクションを利用した作品形態は、90年代でほぼ終わったといえる。21世紀は、テクノロジーや社会をある種批判的に検証したプロジェクトの形態が主流になって来ているのではないだろうか。

 インタラクティブアート論 インタラクティブアートの参考例 はコメントを受け付けていません。
Stroom designed by Credit Cards In conjunction with Web Hosting Reseller , Dream Interpretation Guide , Best Website Hosting.