データ・ビジュアライゼーションとは

      データ・ビジュアライゼーションとは はコメントを受け付けていません。

データ・ビジュアライゼーション (Data Visualization)は、「データの可視化」という意味であり、そのままだと直感的に理解しにくい数値データを、グラフや図といったビジュアル・デザインの手法を使って分かりやすく表わす技術を指します。

現代は情報過多の時代であり、データ自体はインターネットなどに溢れかえっていますが、公開されている統計資料はMicrosoft Excelなどの表データであることが多く、数字の羅列からそのデータの性質を俯瞰的に読み取ることは非常に困難です。一方、例えば棒グラフであれば誰でも直感的にデータを読み取ることができます。

当然のことながら、データは恣意的に編集し視覚化することも可能であることから、作成者の意図によって見る人に間違った印象を与えたりする可能性もありますが、それでもなお、データを視覚化するということは、「世界を新しい視点から眺める」ということであり、予期しなかったパターンや隠された情報さえも表出させることができる有益な手法だと言えます。