ハッシュマップ(連想配列)

Filed in processing , メディアプログラミング特論 0 comments

Processingには通常の一次元配列、二次元配列、動的配列の他にも、ハッシュマップ(連想配列)という便利な機能があります。JSONやXMLなどは、このハッシュマップを外部ファイルに保存したものだと考えてもいいでしょう。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
import java.util.Map;  //ハッシュマップの機能をインポート
import java.util.HashMap;
import java.util.Arrays;
 
//空のハッシュマップを作成
//keyに使うデータ型と、valueに使うデータ型を指定
HashMap<String, Integer> hm = new HashMap<String, Integer>();
 
//ハッシュマップにkeyとvalueのセットを追加
hm.put("斉藤さん", 15);
hm.put("中野さん", 35);
hm.put("鈴木さん", 60);
 
// ハッシュマップの中にある要素を全て順番に取り出す
for (Map.Entry me : hm.entrySet()) {
  println(me.getKey() + " は " + me.getValue() + "才");
}
 
//ハッシュマップの中身が空かどうかをチェック
println( "Is Empty? " + hm.isEmpty());
 
//keyが"中野さん"のvalueを取り出す
println("中野さんは " + hm.get("中野さん"));
 
//ハッシュマップの要素数
println( "要素数: " + hm.size());
 
//keyが"中野さん"のkeyとvalueのセットを削除
println( "削除: " + hm.remove("中野さん"));
 
//ハッシュマップの要素数を再度確認
println( "要素数(削除後): " +hm.size());
 
//keyが"中野さん"の要素があるかを確認
println( "'中野さん'を含む要素: " + hm.containsKey("中野さん"));
Posted by noguchi   @   22 9月 2017 0 comments

0 Comments

Sorry, comments are closed.

Previous Post
«
Next Post
»
Stroom designed by Credit Cards In conjunction with Web Hosting Reseller , Dream Interpretation Guide , Best Website Hosting.