アクセスマップを作る

      アクセスマップを作る はコメントを受け付けていません。

実習として駅から大学までの地図を作ってみます。この実習では、情報を整理する手段として「形態」を用いるため、地図は白黒で作成します。

都市空間の機能的要素を整理する

ケヴィン・リンチの都市のイメージを構成する5つのエレメント 。

1. Path パス(通路)

観察者が日頃或いは時々通る、もしくは通る可能性のある道筋 →街路、散歩道、運送路、運河、鉄道など

2. Edges エッジ(境界線)

観察者がパスとしては用いない線状のエレメント。2つの局面の間にある境界。 →海岸、鉄道線路の切通し、開発地の緑、壁など

3. Districts ディストリクト(まとまった地域)

何らかの性格によって特徴を形成している面的な広がり。 →公園、オフィス街、高級住宅地区など

4. Nodes ノード(結節点)

都市の内部にある主要な接合点。パスが集合し行動の起点や目的地となることが多い。 →駅、交差点

5. Landmarks ランドマーク(目印)

覚えられやすい特徴によって、位置を認識する手立てや道標となるもの。 →駅、公園、コンビニエンスストア、スーパーマーケット、居酒屋など

形態的要素

シンボル→大きさ(および面積)・形(丸、四角、星型など) 、テクスチャ

線→太さ・面積・形状1(直線、曲線など)、形状2(実線、破線など)

テキスト→大きさ、フォントの種類、文字間、形状(標準、長体、平体、斜体など)

サイン→地図記号、包囲記号、矢印など

情報伝達のためのサインの6要素

ジャック・ベルタンによる記号の6要素。今回は、形、サイズ、方向、テクスチャを使用する。

地図に落としむ際の記号の要素の利用例。John KrygierとDenis WoodによるMaking Maps: A Visual Guide to Map Design for GISからの引用。

ポイント

本当に必要な要素だけ残す。

参考例